« 備忘録9: ウダ・ワラウェ国立公園とカタラガマ (2009年5月6日) | トップページ

備忘録10: ヌワラエリヤ (2008年08月29日)

今日は母校の授業にお邪魔してスリランカや協力隊について話してきました。

何人かの学生のスピーチをお聴ききする時間もあり、全てのお話が興味深く、
すごく勉強になりましたflair

 

そして、しばらく間の空いてしまったこのブログのことも思い出しましたsweat01

帰国から3年・・・全部が濃い思い出だったスリランカ生活の記憶も、
少しずつ薄れつつあります。
今のうちにスリランカ旅行情報をどんどんお伝えしなくてはrun

先日はミンネリヤ国立公園についてのお問い合わせをいただきましたnote
管理人の知っている、または調べられる範囲ですが、
出来る限りお答えいたしますのでご遠慮なくお問い合わせください。

 

さて、前回ご紹介したカタラガマへの同期旅行が第2回だったので、
第1回はどこだったかなぁと日記を遡ってみたらヌワラエリヤでした。

ヌワラエリヤはニゴンボとは全然違う高原の気候です。
鉄道旅行の回などで何度かご紹介した丘陵地帯を代表する町です。
ヌワラエリヤの紅茶は日本でもセイロンティーの高級品として有名ですねcrown
とてもさわやかで上品な紅茶です。

 

(2008年08月29日)------------------------------------------------

ヌワラ・エリヤへ行ってきました!紅茶の名産地へ第一回同期旅行。

熱帯スリランカなのに一年中日本の春みたいな気候のところです。
朝晩はフリースを着ても寒いくらい。
お金持ちランカ人がバカンスを楽しむ避暑地です。
そしてランカ人あこがれの新婚旅行先☆

イギリス人が紅茶プランテーションを作ったのがこの町の始まりなので、
町並みもなんとなくイギリスっぽい感じでかわいいです。

ゴルフ場 、競馬場 、ヴィクトリアパークという名前の公園。
こんな南の島まできてよく好き放題イギリス式に造ったなあと思います。

紅茶は世界第2位の生産量
F142977024

紅茶工場
P8230840

を、改装したホテル!
P8230848

エレベーターもかわいい
P8230849

4コース+紅茶で1300ルピー(約1300円)
普段外で食べてもお昼は100ルピー前後の国なので、
協力隊員としては若干罪悪感ありですが、
観光客には好評だと思います。

現役ティーファクトリーでは、ガイド付き工場見学もあります。
最後に紅茶の試飲が付いて50ルピーです!


今回の旅のハイライトはワールズエンドという断崖絶壁。
朝5時にホテルを出発して世界の果てまでハイキング。

ワールズエンドへの入り口
P8240862

世界の果てに向かいます
P8240866

木も終わりかけていますが、春先のような気候なので、すっごく気持ちよかったです。P8240872

どこの国?この景色。
P8240873

何をみつけた?
P8240877

カメレオン!
P8240878

ミニワールズエンド
P8240884

枝?カメレオンだ!
P8240890

これでミニです
P8240891

そしてこれが本番!
P8240894
霧が多くて何も見えないことが多いらしいですが、
最高のお天気でした。
運が良ければ200km先のインド洋まで見渡せるとか。

世界の終わりの下に見えるのは別の世界?
P8240901

一歩出たらほんとに終わります
P8240908

水の音が心地いい
P8240919

翌日はついに解禁された鉄道に乗車!
P8250921

来た来た〜
P8250928

お茶畑の中を走ります
P8250931

駅だ!
P8250934

ずーっと紅茶畑!
P8250936

たまに断崖絶壁あり、滝あり、ぽつんと建った紅茶工場あり。
P8250938
一面の緑の中で茶摘みをする女の人たちのいろんな色の衣装がまたきれいでした。

車内は大混雑
P8250939

残念ながら席が確保できなかったので外に脚を投げ出して開けっ放しのドアに腰掛けていましたが、今度は1等展望車のチケットを取って乗ります!
F145436816

アーユボーワン!
P8250948

お疲れさま!
P8250953

-------------------------------------------------------------

 

これを読んで思い出しましたが、
2008年当時はまだまだ自爆テロが絶えず、鉄道は乗車禁止でした。
いまやそんなこともすっかり忘れて「スリランカでのおすすめは鉄道!!」と
胸を張って言えるほどになっていることに、驚いているところです。

鉄道が大好きな私としては、解禁したら即乗車しようと思っていたので、
このヌワラエリヤ旅行で初めて乗車できた高原列車は本当に感激でしたhappy02
結局このあとまた内戦終結まで乗車禁止になってしまったのですが...

 

以前ご紹介したゴールフォートはオランダ統治時代の跡ですが、
このヌワラエリヤはイギリス統治時代の影響を色濃く残している町です。

建物や公園、ホテルなどに名残があるのははもちろん、
プランテーションでの労働のためにインドから移住させられた、
インド・タミルの人たちが人口の多くを占め、
シンハラ語ではなくタミル語が頻繁に聞こえてきます。
今でも多くの紅茶農園がタミルの人たちの労働力によって支えられています。

 

【観光情報】
Pedro Tea Estate (ペドロ紅茶農園・工場)
ヌワラエリヤの町から東へ3km程度
Kandapola(カンダポラ)方面へ行く道沿いにあります。
スリーウィールや現地のドライバーさんなら皆知っています。

World's End (ワールズ・エンド)
ヌワラエリヤからですと30km以上離れているので、1日がかりのエクスカーションです。
ホテルなどで車をチャーターして出かけるのが一般的です。
世界遺産「スリランカの中央高地」に含まれている、
ホートンプレインズ国立公園の中にあります。
  

【ホテル情報】 ※宿泊はしておりません。ランチのみいただきました。
HERITANCE Tea Factory
http://www.heritancehotels.com/teafactory/

Kandapola, Nuwara Eliya,
Sri Lanka
Tel : +94 052 5555000,
Fax : +94 052 5555000
Email : ebiz.lk@aitkenspence.lk

Br_decobanner_20091024145504_3ULで モルディブ行かず スリランカ!

ニゴンボ観光情報サイトnew

いつでも里親募集中いつでも里親募集中

|

« 備忘録9: ウダ・ワラウェ国立公園とカタラガマ (2009年5月6日) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045127/52277690

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録10: ヌワラエリヤ (2008年08月29日):

« 備忘録9: ウダ・ワラウェ国立公園とカタラガマ (2009年5月6日) | トップページ