« 備忘録3: 鉄分たっぷり山の旅 (2009年07月29日) | トップページ | 備忘録5: ベールワラ日帰り旅・ハプタレーのんびり旅 (2009年12月4日) »

備忘録4: ヤーパフワの遺跡 (2009年08月11日)

ニゴンボはバスの路線がなかなか便利ですbus
コロンボを経由しなくてもキャンディまで行くことができますし、
アヌラーダプラやプッタラムといった北の方の町へも直行できます。

今回ご紹介する日記は、ニゴンボからの日帰りぶらり旅も可能な
ヤーパフワの遺跡見学の思い出ですcatface

この日記のときには、ニゴンボからバスで北東へ2時間程度の場所にある
クルネーガラという大きな町を起点に旅しました。
クルネーガラからヤーパフワまではローカルバスで1時間程度です。

(2009年8月11日)-------------------------------------------

今回の週末もまた旅でした。
観光隊員です。

コロンボより北に住んでいる隊員が集まって「北の会」。
金曜の夜にニゴンボから北に2時間行ったクルネーガラという町でBBQ♪
仕事の後に夜空の下でのビール!!たまりません。。。


翌日はヤーパフワという、かつて王宮のあった岩山へ。
ではでは、いつものように写真でレポートします。

遺跡見学前に腹ごしらえをしたホテル。
何にもない田舎に突然綺麗なホテルが現れたのでびっくりでした。
11

ちゃんとプールもあります。
12

ずいぶんシュールなものをプールサイドに飾るなあと思ったら、
13
ゾウさん型シャワーでした!!鼻から水がでます。

食事の後、いざ岩山へ。
この辺りはドライゾーン。サボテンがいっぱいでした。
14

何にもないところにいきなり岩山。
15
ランカはこのパターン結構多いです。

スタートは階段。すごい急です。
16
後ろに見えている岩の頂上まで登ります。
今回は私もちゃんと登りました~。膝はだいぶ回復してます。

階段の上はこんなにかっこ良く修復されていました。
17

「ヤーパフワのライオン」。10ルピー札に描かれています。
18

頂上は朽ち果てたストゥーパがぽつんと残っているだけでした。
でもこの眺めは気持ちいい~
19

「南の会」のようにビーチで遊んではいませんが、
この頂上でスイカ割り大会~!!

地元の子供たちでしょうか。
20
下の階段からずっと私たちと一緒でした。
スイカ割りをじーっと見ていました。

こんな田舎の、外国人があんまり来なさそうな遺跡で、
日本人が13人も集まってスイカをたたいていたので、
ものすごく不思議だったのでしょう…


北の会、イケてると思う!

-------------------------------------------------------------

ホテル情報(宿泊はしておりません。ランチのみいただきました。)

Hotel Yapahuwa Paradise
Yapahuwa, Sri Lanka
Tel: +94 (0)37 3975055 / Fax: +94 (0)37 2275047
Email: info@hotelyapahuwaparadise.com / rm@hotelyapahuwaparadise.com
Web: www.hotelyapahuwaparadise.com

 

Br_decobanner_20091024145504_3ULで モルディブ行かず スリランカ!

ニゴンボ観光情報サイトnew

いつでも里親募集中

|

« 備忘録3: 鉄分たっぷり山の旅 (2009年07月29日) | トップページ | 備忘録5: ベールワラ日帰り旅・ハプタレーのんびり旅 (2009年12月4日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045127/50809450

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録4: ヤーパフワの遺跡 (2009年08月11日):

« 備忘録3: 鉄分たっぷり山の旅 (2009年07月29日) | トップページ | 備忘録5: ベールワラ日帰り旅・ハプタレーのんびり旅 (2009年12月4日) »