« 備忘録1: スリランカにやってきました (2008年3月31日) | トップページ | 備忘録2: スリランカ鉄道研究会 (2009年03月25日) »

スリランカ パッケージツアー研究(4)

2013年上期のパンフレットが続々と出されていますhappy02
ほぼ年1回の投稿になっていますがcoldsweats01スリランカパッケージツアー研究の第4弾。

LOOK JTB 「4月からの スリランカストーリー」
デジタルパンフレットはこちらupLk 

JTBワールドバケーションズさんが選ぶ、2013年の「ルックJTB デスティネーション・クローズアップ」にスリランカが選ばれたのだそうですcrown

それぞれのコースの情報のみでなく、スリランカの基本情報から文化に関する説明、世界遺産やバワリゾートの情報も充実しており、このパンフレットを読んでいるだけでもかなりのスリランカ通になれそうな内容です。

添乗員と行くシリーズ、特別企画のほかに4種類のシリーズがあります。

コースはなんと14本!

今日はこの中から
6つの世界遺産と紅茶畑のティーファクトリー ジェフリー・バワの世界を体験
充実スリランカ 8日間
」をご紹介。

世界遺産巡りをしながら、スリランカが誇る建築家、ジェフリー・バワの世界を堪能できるプランですwink(下記行程でcloverがついているのがバワ建築のホテルです)
成田発着であればスリランカ航空直行便が利用できますairplane

one 夜、コロンボ着後、ホテルへ (ニゴンボ泊)

two AM アヌラーダプラ移動 
  JTBでの記載は「アヌラダプーラ」となっておりますが、正しくは「アヌラーダプラ」
  到着後、世界遺産crownアヌラーダプラ観光
  (cloverヘリタンス・カンダラマ泊 /ダンブッラ)

three AM 世界遺産crownシーギリヤ観光
  PM 世界遺産crownポロンナルワ観光
  (cloverヘリタンス・カンダラマ泊 /ダンブッラ)

four AM 世界遺産crownダンブッラ観光
  PM キャンディへ移動、途中、マータレーのスパイスガーデン立寄り
  世界遺産crownキャンディ観光
  夜、キャンディアン・ダンスショー
  ☆日本発8/8-17限定で、「エサラ・ペラヘラ」祭り見学に変更となります。
   もちろん、この祭りの中でもキャンディアン・ダンスが披露されます。
  (アールズ・リージェンシー泊 /キャンディ)

five AM ヌワラエリヤへ移動
  ☆日本発が日・火・木の場合はヌワラエリヤまで高原列車を利用しての移動です。
  PM ヌワラエリヤの紅茶工場見学・町を散策
  (ホテル・ティーファクトリー泊 /ヌワラエリヤ)

six AM アフンガッラへ移動
  (cloverヘリタンス・アフンガッラ泊 /アフンガッラ)

seven AM ゴールへ移動
  到着後、世界遺産crownゴール旧市街観光
  PM コロンボへ移動後、ショッピング
  cloverパラダイスロード・ザ・ギャラリー・カフェにて夕食後、空港へ

 

yen旅行代金: 239,000円より

 

hotelホテルは全てAグレード。
 1泊目を除き、全てスリランカの高級ホテルチェーンAitken Spence系列のホテル。
 そのうち3泊がバワ建築(カンダラマ2泊、アフンガッラ1泊)heart04

 バワ建築でないホテルも、その土地の特色を生かした居心地の良いホテルです。
 ヌワラエリヤのホテル・ティーファクトリーは紅茶工場を改装したホテルで、
 ホテルの周りは見渡す限り紅茶畑ですhappy02

 

restaurant5日目の夕食は、鉄道の食堂車を改装したレストランにてdelicious
 紅茶畑の中を縫うように走る鉄道は、スリランカの中央高地の名物ですtrain

 

eye夏にはキャンディの「ペラヘラ」を見ることができたり、
 出発曜日によってはスリランカの鉄道を楽しむことができるところがポイントflair

 スリランカの鉄道は、本当におすすめです。
 特に今回の行程に組み込むことができるアップカントリーラインが最高shine
 でも自分で展望車のきっぷを取るのは結構大変です。
 (発売日にコロンボのフォート駅に並ぶしか方法がありません。)
 このようにしてツアーに組み込んであると気軽に乗車できてすごくありがたいですねconfident

 

Br_decobanner_20091024145504_3

ULで モルディブ行かず スリランカ!

ニゴンボ観光情報サイトnew

|

« 備忘録1: スリランカにやってきました (2008年3月31日) | トップページ | 備忘録2: スリランカ鉄道研究会 (2009年03月25日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045127/49620594

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ パッケージツアー研究(4):

« 備忘録1: スリランカにやってきました (2008年3月31日) | トップページ | 備忘録2: スリランカ鉄道研究会 (2009年03月25日) »