« スリランカ パッケージツアー研究(4) | トップページ | 備忘録3: 鉄分たっぷり山の旅 (2009年07月29日) »

備忘録2: スリランカ鉄道研究会 (2009年03月25日)

パッケージツアー研究でちらっと書いたわたしのおすすめ、スリランカの鉄道をもうすこし詳しくご紹介しますeye

某SNSの日記に、鉄道好きのシニアボランティアさんとの旅行の模様がありましたので転載致しますbook

前回転載した日記からほぼ一年後。スリランカ生活にはすっかり慣れたものの、ニゴンボでの観光振興活動について一番悩んでいた頃の日記です。
そのせいもあってか、この頃から毎週末と言っていいほどニゴンボを離れてスリランカ国内をあちこち旅行するようになりましたbus

この頃はまだ内戦中で、日本の旅行会社によるスリランカ行きパッケージツアーは販売されていませんでした。1等のきっぷをコロンボフォート駅でしか買うことができないため、鉄道に乗る旅行者はあまりいませんでした。
今は現地旅行会社を通してツーリスト用車両を予約することも出来るそうで、以前に比べると乗車しやすくなっていると思いますnote

(2009年3月25日) --------------------
スリランカ鉄道研究会(会員2名)オフ会の模様です。

バドゥッラ5:45始発のUP COUNTRY LINEで終点コロンボフォートまで約10時間の旅です。


1_5
バドゥッラ駅構内

 

2_4
1等展望車 

3_3
1等車両デッキ


4_3
1等車両の窓枠。四角くてかわいい。

5_2
展望車は最後尾です


6_2
打ち合わせ(?)をする車掌さんたち


7_2
空が白んできました。まだ月が明るい。


8_2
線路の上を早朝散歩


9_2
やっと日の出です


10_2
この橋とトンネル!!たまらん。

11_2
日本の秋のように見えます


12_2
駅で下り列車とすれ違い


13_2
運転士さん


14_2
エッラの駅からちらっとだけ見えたエッラロック

15_2
手前の木で見えづらいですが、綺麗な段々畑です


16_2
「風光明媚」という言葉が似合う気がします

17_2
こんな高いところを走っています


18_2
橋!


19_2
滝!


20_2
ナーヌオヤ。ヌワラエリヤ最寄り駅です。


ナーヌオヤからコロンボまでは、以前ヌワラエリヤ旅行のときに乗車したので、この時点でUP COUNTRY LINE制覇となりました!!



というわけでコロンボまでに撮った写真は省きつつ


21_2
バドゥッラからずっと一緒だったご夫婦の奥さん


22_2
太鼓と歌でにぎやかな隣の車両

23_2
16:10頃、コロンボフォート到着



スリランカの鉄道は、アシとして使うというよりも、乗車そのものを楽しむためにあるような気がします。私たち外国人にとっては。

(接続は悪い、本数は少ない、遅延多発、、、その他いろいろ)

山の方の綺麗な景色を見ていると日常のイライラが吹っ飛びます。

「世界一の車窓風景」かどうかはわかりませんが、かなりの上位だと思います。
日程に余裕のあるスリランカ旅行なら、一番にお勧めしたい景色かも。
------------------------------

旅行に慣れている方なら、現地の方々に混ざって2等車か3等車に乗るのもおすすめです。
きっぷを事前に購入しなくても乗車できますし、現地の食べ物の車内販売もありますよhappy02

Br_decobanner_20091024145504_3ULで モルディブ行かず スリランカ!

ニゴンボ観光情報サイトnew

いつでも里親募集中いつでも里親募集中

|

« スリランカ パッケージツアー研究(4) | トップページ | 備忘録3: 鉄分たっぷり山の旅 (2009年07月29日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045127/49621111

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録2: スリランカ鉄道研究会 (2009年03月25日):

« スリランカ パッケージツアー研究(4) | トップページ | 備忘録3: 鉄分たっぷり山の旅 (2009年07月29日) »